デロリアンを本当にゴミで走らせた人はどんな人?

1985年から1990年に後悔されたSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」シリーズで大活躍したしたのは、ゴミをエネルギーとする自動車型タイムマシン「デロリアン」だった。SFの世界の話だと思っていたデロリアンだが、1作目の公開から30年もたった今、何と本当にゴミでデロリアンを走らせようとする人が現れた。日本環境設計の岩元美智社長だ。
デロリアン走行イベントが行われた東京・お台場。少し赤い陽光の中、BTTFパート2で主人公がタイムスリップした2015年10月21日16時29分が近づくとカウントダウンが始まった。『3、2、1、ゼロ!』という声と共に走り出すデロリアン。それを見送りつつ岩元社長はやや上ずり気味に「いやー、涙がちょちょ切れますねぇ」と話した。
岩元氏とBTTFとの出会いは大学時代の1985年の暮れ、彼女とは言った北九州市内の映画館でのこと。映画のラストで2015年の未来から帰ってきた科学者のドクが、バナナの皮や缶飲料の残り、缶そのものをデロリアンに補給しているシーンを見て、「将来、ゴミでゴミで自動車が動く時代が来るんだ」と思ったそうだ。
映画が描き出す未来の世界にあこがれを抱く人は少なくないが、岩元社長の場合はあこがれだけでは終わらなかった。卒業後務めた繊維商社ではペットボトルから作られた再生繊維の営業を担当。知識が深まるにつれ、衣料品のリサイクルがほとんど手つかずの状態であることに気付かされる。年間200万トンの繊維製品ゴミのほとんどが、焼却もしくは埋め立てられていたのだ。どうにかしたい、という思いからやがて独立を決意した。
現専務の高尾正樹氏と出会ったのは、異業種交流会でのこと。当時、高尾氏は大阪大学先端科学イノベーションセンターの特任助手として、バイオエタノールの研究に携わっていた。ある日のこと、居酒屋でビールを飲みながら「トウモロコシからバイオエタノールが作れるのなら、綿からも作れるのではないか」という考えを高尾氏に話す岩元氏。「変なこと言うおっちゃんだなぁ」と、岩元氏より16歳年下の高尾氏はその時思ったという。それでも「面白い話ですし、できるかもしれんと思ったので、ノリで『やれるんちゃいますかね』と答えたんです」と振り返った。
2007年1月、岩元氏は日本環境設計を設立し、社長に就任。高尾氏も加わり、岩元氏の構想を専務として実務面で支えていくことになる。創業の目的の一つは『循環型社会を作る』こと。会社設立後、その実現に向けてリサイクル技術の開発とともに取り組んだのはリサイクルの仕組み作りだった。
創業のもう一つの目的は、デロリアンを走らせることだった。岩元氏らは循環型社会を象徴するイベントとして、『衣類から作ったバイオエタノールでデロリアンを走らせる』というプロジェクトを企画する。リサイクル技術にエンターテイメント性を加えることで消費者にも参加してもらい、『楽しい・ドキドキ・ワクワク』を演出した。
次に目指すのは、衣料だけでなく各種有機物を含んだリサイクルだそうだ。高尾氏によると「太陽光や風力といった再生可能エネルギーを用いて、ゴミを高温加熱することで石油を取り出す技術」の研究開発を国内外のメンバーで進めており、2020年ごろをめどに実現させる見込みだという。将来的には『ゴミの存在しない世界』が実現するかもしれない。

人工甘味料アスパルテームの危険性

数多くの加工食品などに使用されえている、自然の摂理に反している人工甘味料のアスパルテーム。
人工甘味料は、本当に大丈夫なのでしょうか?
実は、カロリーゼロですが、化学物質たっぷりのダイエット食品はとても危険なんです。
人工甘味料、特にアスパルテームは病気の元なのです。
ボストンの婦人科病院の科学者による11年間の研究結果では、人工甘味料のアスパルテームを使用したダイエット飲料は、腎臓機能障害に深く関わっていることが分かりました。
恐ろしいことに、様々な科学者は、失明や死亡それ以外にも腫瘍、脳障害、頭痛や、気分の著しい変化、皮膚のポリープ、不眠症、うつ病、知能低下を挙げており、短期記憶への影響もあるとの見解を示していたのです。それでもあなたは摂取しますか?

局地豪雨、30分以上前に予測

昨年8月に広島で土砂災害を発生させたような局地的な豪雨を、雨雲ができる前の気流の変化などから30分以上前に予測するための大規模研究を京都大、神戸大、情報通信研究機構など11の大学・研究機関が始めたそうだ。
豪雨が発生しやすい兵庫県南部の六甲山系を中心にした関西地域で、今年度から5年間約20基の最新機器で計測を続け、豪雨の兆候となる気象状況を明らかにするという。
豪雨が起きる仕組みは、地表付近の水蒸気が強い上昇気流で上空に運ばれ、水蒸気が小さな水滴に変わり雲ができ、上昇気流が続いて大きな積乱雲へと発達し、水滴が大きな雨粒となって地上へ落下する、と考えられている。
最近は気象レーダーの性能が向上し、雨粒ができた段階の精度はよく観測できるようになってきたそうだ。レーダーで上空の雨粒をとらえ、地上に降ってくる前に予測情報を出すシステムの開発も進む。ただ、豪雨が降りだすまでの時間は10分くらいで、自治体や消防団が注意を呼びかけたり、山間集落や地下街から避難したりするにはより早い観測が求められている。
研究では、六甲山系を取り囲むように観測機器を配備し、上昇気流や風向きの急激な変化、大気中の水蒸気の変動など雨雲ができる段階の観測精度を高めるという。蓄積したデータから雨雲の兆候をつかみ、豪雨をもたらす気象状況を絞り込む予定だ。
豪雨が早い段階で分かれば避難などの対応もでき、被害を最小限に抑えられるだろう。天災を避けることはこれまで難しいとされてきたが、気象観測の精度が上がることで少しでも多くの命が助かることを願う。

これは知らなかった

キン肉マンの「7人の悪魔超人」編で、本当はバッファローマンではなくブラックホールをリーダーにする予定だったのだそうだ。
作者自身が気に入っているキャラという事もあり、闘い方のアイディアがどんどん出てきたことから、早めに登場させたくなり、二番目に出る事になったらしい。
ペンタゴンと組ませてタッグ編に出たのも、作者が描くのが楽しかったからだという。
それにしても、ブラックホールが当初の通りリーダーだったら、その後の共闘はあり得ただろうか。
バッファローマンは最後まで要所要所で出てくるキャラだった。
そこまで作者が気に入ったキャラだったら、王位争奪編でも見てみたかった。

突如

完全な当て馬キャラだったのが、ほんの一瞬良い活躍の場を与えてもらったキン肉マンのキャラ。
それがジェシーメイビアだ。
それまで999回ハワイ・チャンピオンのタイトルを防衛してきたプリンス・カメハメからタイトルを奪取、チャンピオンとなりカメハメを付き人に従えた。
相手のかける技をことごとく切り返す、返し技の名手。カメハメによって48の殺人技を授けられたキン肉マンと対戦し、相手の力を利用しない技に乏しいという弱点をつかれ敗北する。
キン肉マンがタイトルを返上後に奪還するが、ジェロニモにより再びタイトルを奪われる。
キン肉星王位争奪編では、ハワイ巡業に来ていたウルフマンとともにキン肉マンの応援に駆けつけ、キン肉マンとキン肉マンスーパー・フェニックスの試合に介入しようとする邪悪の神を退けた。
この奮闘ぶりはなかなか凄い。

20世紀

20世紀少年では、「ともだち」が誰なのかというのが一つの焦点となっている。
カツマタで、フクベ―ではなかったというトリック。
小学生時代に死んだのはカツマタではなく、フクベ―だった。
同窓会でみんながフクベ―だと思っていたのが、カツマタだという事。
20世紀に少年だったのは、いじめられっ子としての自分だったのだと宣言している様だ。

無敵の男が最も苦戦したのは

ああ播磨灘で、播磨の連戦連勝宣言をした後、鬼のような勝ちっぷりでその通り連戦連勝していく。
一番苦戦したのは誰との取組だっただろう。
凄ノ尾との張り手合戦か。
すわ、脳卒中を起こしたかと思ってしまうシーンもその後あった気がする。
大江川戦で水入りになった事もある。この辺りだろう。

クリリン

ドラゴンボールのクリリンは、鳥山明によると最初は少しだけ登場させるつもりだったのが、いつの間にか悟空の親友になっていったらしい。
手抜きして描いた、ともいう。
押しも押されぬ人気キャラとなり、地球人なのにとんでも無い化け物達と戦い続け、3度も死ぬこととなる。
さて、このクリリンで驚いたのがミスターサタンと彼は何と同い年。
オジサンと子供、にしか見えない二人が同年齢とは驚きだ。

同じ

ルパン三世と銭形警部は、同じ大学の先輩後輩だった。
更にルパンと峰不二子も同じ大学で、しかも同じ学部。
こういう設定だったとは知らなかった。
ちなみに原作とアニメで銭形のキャラはだいぶ違う。
原作の方では、かなり出来る警部として描かれ、ルパン達にも警戒されている。
後に友情らしきものが芽生えるのは同じだが、アニメの方では茶化されすぎで原作者のモンキーパンチはこれが不満らしい。

主役が代わる

天才バカボンは、最初の頃はその名の通りバカボンが主役だったのだが、赤塚不二夫が書いているうちにパパの方が面白くなってきた、という理由でバカボンのパパが主役みたいになっていった。
それにしても、バカ田大学とテイノー義塾大学、というネーミングは凄い。
今ならすぐ苦情がきて改名しないといけないところだろう。
また、漫画では当時だったら有るかもしれないが非常にシュールで怖い表現も多い。
簡単に人が死んだり、能天気なギャグ漫画の中で淡々と恐ろしい事が起こる。