空手バカ一代

殆どは創作、という事だが大山倍達の伝記的な作品。
前半は終戦後の話から、重苦しい展開が続く。
世界中を大山倍達が旅し、様々な格闘家達と闘っていく辺りが一番面白い。
ひたすら強さを求めて奔走する大山倍達と、その敵や仲間たち。
正に「空手バカ」だが、偉大なるバカである事に違いない。
極真空手を一躍ブームにしたこの作品。
これを読んでいた頃、極真が世界で最強の格闘技なのかと思っていた。