20世紀

20世紀少年では、「ともだち」が誰なのかというのが一つの焦点となっている。
カツマタで、フクベ―ではなかったというトリック。
小学生時代に死んだのはカツマタではなく、フクベ―だった。
同窓会でみんながフクベ―だと思っていたのが、カツマタだという事。
20世紀に少年だったのは、いじめられっ子としての自分だったのだと宣言している様だ。