柔道一直線

1967年から1971年に連載された、梶原一騎の柔道漫画。テレビドラマ化もされている。
主人公である一条直也の父親は1964年の東京五輪の柔道で敗れ、命を落とす。
直也は車周作の指導のもと、「地獄車」、「海老車」などの技を駆使して外国人柔道家や日本のライバルたちと戦う。
最後は師匠・周作が直也に「地獄車からの脱皮」と新たな飛躍が必要と見て、敢えて敵の外国人柔道家に「地獄車攻略法」をさずける。
直也は試合でも相手の誘いに乗らず、冷静に普通の投げ技で破り、最後は日本人のライバルを地獄車で下して優勝する。
周作は負けを認め、直也の活躍がテレビ中継されている料理店で酒を飲みながら息を引き取る。
巨人の星でも見られる様に、主人公の身内の人間が敵役に加担する事によって主人公を鍛える、という設定が梶原一騎は好きな様だ。
主人公は虚を突かれる様な形で、誰よりも自分に親身になってくれている筈の人間が急に敵に回る、という動揺が伝わったくるだけに、切ないものだ。
しかも、その真意が主人公には分からない、読者には分かる、というのが哀しい。
オリンピック金メダリストの斎藤仁を初め、この柔道一直線を見て柔道を始めた、という人物は多く、影響は大きい。