パトカー追跡のバイク転倒、19歳男性死亡

24日午前2時15分ごろ、兵庫県たつの市誉田町井上の国道バイパスで、パトカーの追跡を受けていたバイクがトラックと接触し、転倒する事故が起きました。
バイクを運転していた飲食店アルバイトの男性(19)は搬送先の病院で亡くなりました。
男性はアルバイトから帰宅する途中だったそうです。
事故発生の約2分前、現場から西約2・7キロの路上で、巡回中のパトカーが速度超過のバイクを発見し、停止を求めたが逃走したため、追跡をしていたとのことです。
国道は片側2車線で、バイクは左車線を走行していました。
前方を走行していたトラックが右車線から左車線に車線変更した際に接触したそうです。
トラックは走ってくるバイクの存在に気が付いていなかったのでしょうか。
速度の違反をして、さらに逃走するというのは良くないことです。
しかし、無理な追跡をするのも良くないのでしょうか。
ドライバーの方には、速度はもちろん運転には十分に気を付けてほしいと思いました。