“東京の顔”どうなる?

舛添知事の後任を選ぶ東京都知事選挙は、7月31日の投開票に決まりました。
民進党の蓮舫代表代行が立候補を検討する中、自民党も対応を協議しています。
自民党内では石原伸晃経済再生担当相や小池百合子元防衛相の名前が挙がっていますが、野党の出方も見極めながら慎重に判断する考えとのことです。
また与野党の対決を避けたいという思惑から民進党の長島昭久議員を推す声も出ています。
一方の民進党では蓮舫代表代行の出馬に期待が集まっているそうです。
また依然として橋下徹前大阪市長の名前が取りざたされている他、東国原英夫前宮崎県知事や日本弁護士連合会の宇都宮健児元会長の名前も挙がっています。