トンネルのモルタル23.5トン落下

23日午前8時10分ごろ、千葉県君津市広岡の国道410号のトンネル「松丘隧道」で、天井部分のモルタルが剥がれ落ちたそうだ。落下した部分は長さ約20メートル、幅約5メートル、厚さ約10センチ、重さは約23.5トン。けが人や巻き込まれた車はなかったという。
千葉県によると、2012年12月に中央自動車道の笹子トンネルで天井版が崩落した事故や、13年1月の国道410号「大戸見隧道」のモルタル落下事故などを受け、13年2月に実施した安全点検で松丘隧道の老朽化が明らかになったそうだ。14年6月から古いモルタルを削るなどの工事をしており、落下したモルタルは1か月ほど前に吹き付けたばかりだったという。
23日は午前0時から午前5時頃まで通行止めにして、モルタルの上にコンクリートパネルをつけるための基礎工事をしていたそうだ。午前5時半ごろ片道通行にし、午前8時10分ごろ交通整理人が落下に気づいたそうだ。県が事故原因を調べているとのこと。
修繕したばかりなのになぜ落下してしまったのだろうか?工事の工程など、確認が必要となりそうだ。