吉田羊、刑事役で連ドラ初主演

女優の吉田羊さんが、今年の10月からWOWOWで放送される連続ドラマの「コールドケース ~真実の扉~」で初主演を務めることが明らかになりました。
アメリカで人気となっている刑事ドラマの「コールドケース」の日本版で、未解決事件に挑む女性刑事の石川百合役を演じます。
吉田羊さんは「チャンスをいただけて、感謝をしております」と喜びを語りつつ、「気負いはまったくなく、チーム全員でヨーイドンで同じゴールへ向かって走っていくスタイルが心地よいです。私らしい初主演作品になっていると実感しています。」と語っています。
連続ドラマ「コールドケース ~真実の扉~」はWOWOWで10月から放送の予定です。

“東京の顔”どうなる?

舛添知事の後任を選ぶ東京都知事選挙は、7月31日の投開票に決まりました。
民進党の蓮舫代表代行が立候補を検討する中、自民党も対応を協議しています。
自民党内では石原伸晃経済再生担当相や小池百合子元防衛相の名前が挙がっていますが、野党の出方も見極めながら慎重に判断する考えとのことです。
また与野党の対決を避けたいという思惑から民進党の長島昭久議員を推す声も出ています。
一方の民進党では蓮舫代表代行の出馬に期待が集まっているそうです。
また依然として橋下徹前大阪市長の名前が取りざたされている他、東国原英夫前宮崎県知事や日本弁護士連合会の宇都宮健児元会長の名前も挙がっています。

扇風機利用者、27%が不具合経験

これから暑さが本格化するにつれて、エアコンや扇風機をつける人が多くなるだろう。
消費者庁は、この扇風機をつかっている成人1800人にインターネットでのアンケートを実施。すると、今までに異常音などの不具合を経験した割合いが27%にのぼると分かった。
うち半分はその後も利用を続けていると答えた。
古い家電が原因で、火災事故が起きるケースが増えているため、同庁は注意をよびかけた。
扇風機の使用年数は、5~10年が最も多く、次いで20~30年、30年以上と続いた。古い家電は安全装置がついていない、廃熱処理が十分でないなど恐い点が多い。
おかしいと思ったらすぐに使用をやめて、安全な扇風機に買い変えてほしい。扇風機より空気をかきわましてくれるサーキュレーターがおすすめだ。