有毒植物の誤食相次ぐ

長野県伊那市内の小学校で5月6日、誤ってスイセンの球根を食べた児童11人が食中毒になったそうだ。県内では4月以降、「スイセン」や「バイケイソウ」など有毒植物を誤って食べた食中毒が3件連続、患者が17人に上ったため県は5月7日、「有毒植物の誤食による食中毒注意報」を全県に発令したとのこと。いずれも食用の野菜などに似ている有毒植物の誤飲によるものだという。同様の食中毒は他県でも多発、死者も出たため厚労省は3日、全国に注意を呼びかけているそうだ。
長野県によると6日午後2時ごろ、長野県伊那保健所に伊那市内の小学校から「ノビルと思われる植物を食べた児童たちが嘔吐、吐き気などの症状になった」と連絡があったという。同保健所で調べたところ、児童たちが校庭に生えていた「ノビル」と思われる植物を採取。同日の昼食時に球根部分を学校の電子レンジで加熱して12人が食べたところ、午後1時前から11人が嘔吐や吐き気を訴えたそうだ。
採取場所には食用のノビルと有毒植物のスイセンが混在して生育しており、同保健所は症状などから誤って採取したスイセンを食べたための食中毒と断定したという。児童たちは快方に向かっているとのこと。
同県では5月2日にも木曽保健所管内で、有毒植物のバイケイソウを山菜のオオバギボウシと間違えておひたしにして食べた2人が食中毒になったそうだ。また4月24日には、中野市で自宅の庭に混在して生えていたニラとスイセンをニラせんべいにしてたべた男女4人がスイセンによる食中毒になり、翌日医療機関から通報があったという。
厚労省によると、同様の食中毒は全国で発生しているそうだ。厚労省や長野県は有毒植物の食中毒を防ぐポイントとして、「よく分からない植物は絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげない」「食べられる山菜の特徴を完全に覚える」「身近な植物をむやみに食べない」といった注意点を挙げている。
特に身近な植物でもスイセン、スズラン、フクジュソウ、レンゲツツジ、アジサイなどがあるので、むやみに食べないよう指摘。また山菜取りのシーズンを迎え、「例年、山菜と間違えてハシリドコロやトリカブト、バイケイソウなどを誤って採取、誤食しての食中毒も発生している」と、山野での採取にも注意を呼びかけているとのこと。
山菜は素人ではなかなか見分けがつかないかもしれない。くれぐれも注意が必要だ。