デロリアンを本当にゴミで走らせた人はどんな人?

1985年から1990年に後悔されたSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」シリーズで大活躍したしたのは、ゴミをエネルギーとする自動車型タイムマシン「デロリアン」だった。SFの世界の話だと思っていたデロリアンだが、1作目の公開から30年もたった今、何と本当にゴミでデロリアンを走らせようとする人が現れた。日本環境設計の岩元美智社長だ。
デロリアン走行イベントが行われた東京・お台場。少し赤い陽光の中、BTTFパート2で主人公がタイムスリップした2015年10月21日16時29分が近づくとカウントダウンが始まった。『3、2、1、ゼロ!』という声と共に走り出すデロリアン。それを見送りつつ岩元社長はやや上ずり気味に「いやー、涙がちょちょ切れますねぇ」と話した。
岩元氏とBTTFとの出会いは大学時代の1985年の暮れ、彼女とは言った北九州市内の映画館でのこと。映画のラストで2015年の未来から帰ってきた科学者のドクが、バナナの皮や缶飲料の残り、缶そのものをデロリアンに補給しているシーンを見て、「将来、ゴミでゴミで自動車が動く時代が来るんだ」と思ったそうだ。
映画が描き出す未来の世界にあこがれを抱く人は少なくないが、岩元社長の場合はあこがれだけでは終わらなかった。卒業後務めた繊維商社ではペットボトルから作られた再生繊維の営業を担当。知識が深まるにつれ、衣料品のリサイクルがほとんど手つかずの状態であることに気付かされる。年間200万トンの繊維製品ゴミのほとんどが、焼却もしくは埋め立てられていたのだ。どうにかしたい、という思いからやがて独立を決意した。
現専務の高尾正樹氏と出会ったのは、異業種交流会でのこと。当時、高尾氏は大阪大学先端科学イノベーションセンターの特任助手として、バイオエタノールの研究に携わっていた。ある日のこと、居酒屋でビールを飲みながら「トウモロコシからバイオエタノールが作れるのなら、綿からも作れるのではないか」という考えを高尾氏に話す岩元氏。「変なこと言うおっちゃんだなぁ」と、岩元氏より16歳年下の高尾氏はその時思ったという。それでも「面白い話ですし、できるかもしれんと思ったので、ノリで『やれるんちゃいますかね』と答えたんです」と振り返った。
2007年1月、岩元氏は日本環境設計を設立し、社長に就任。高尾氏も加わり、岩元氏の構想を専務として実務面で支えていくことになる。創業の目的の一つは『循環型社会を作る』こと。会社設立後、その実現に向けてリサイクル技術の開発とともに取り組んだのはリサイクルの仕組み作りだった。
創業のもう一つの目的は、デロリアンを走らせることだった。岩元氏らは循環型社会を象徴するイベントとして、『衣類から作ったバイオエタノールでデロリアンを走らせる』というプロジェクトを企画する。リサイクル技術にエンターテイメント性を加えることで消費者にも参加してもらい、『楽しい・ドキドキ・ワクワク』を演出した。
次に目指すのは、衣料だけでなく各種有機物を含んだリサイクルだそうだ。高尾氏によると「太陽光や風力といった再生可能エネルギーを用いて、ゴミを高温加熱することで石油を取り出す技術」の研究開発を国内外のメンバーで進めており、2020年ごろをめどに実現させる見込みだという。将来的には『ゴミの存在しない世界』が実現するかもしれない。